FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日はバイクで仕事に行く途中、大雨に打たれてびしょびしょになってしまいました。なんか知らんけど、朝起きたらお母さんがびしょびしょになってたみたいに…。

 さて、そういうわけで今日は「Adobe Illustrator」のお話。
たぶんもうデザインに興味のある人なら、知らない人はいないだろうと思われるソフト。数あるドロー系ソフトの代名詞ですね。
 僕が初めてイラレに触れたのは、もう4年くらい前になります。当時中学校三年の卒業前くらいでした。
キッカケはまず親の職業柄で家にMacがあったことがでかいです。
始めは全然意味がわからなかった…。けど何かをマネしてひたすら書き続けてると、自然に使い方がわかってきました。
その後は、キッカケにキッカケが重なり、今こうしてmoという人物が登場したわけです。
これまで、イラレを使えるというだけで雇ってくれる店もありました。(あくまでも2、3年前の話)
 
 最近では、自分の周りでも「デザインしたいから教えて」という友達が増えてます。でもこれはなんか、個人的にあまり好きな言葉じゃないです。
なんか専門学校でも、中途半端に教える傾向が多い様に思います。
イラレが少し使えるからって、それでデザイナーというのは間違え。
あくまでもただのツールであって、使う人によって多種多様なものだと思います。
 なんか自分が言うのも説得力ないですが、無理にイラレを使う必要なんてないと思います。むしろアナログに、鉛筆で描いたほうが僕は好きです。とくに最近流行ってるグラフィティなんて、ベクトル化(イラレによるデジタル化)しない方がいい。

 あくまでも個人的な意見でしたが、自分も含めてなんか最近パソコンに、逆に使われてるような気がします。
 イラレが使えるからって、そんなもん何の武器にもならない時代がすぐそこまできてます。
大事なのは、やっぱ原点にあるものだと思いました。
久しぶりにキャンパスに描いてみるかあー!!

あ、それと今日はついに結果発表です。寝ます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://modsgn.blog16.fc2.com/tb.php/45-4817fc4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。