FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B00005EUUX.09._PE_SCMZZZZZZZ_[1].jpg


 映画『トゥルーマンショー』
 もし自分以外の人間が仕組まれた役者だったらどうしますか?
自分一人だけが知らなくて、家族や友人、恋人すらもがあなたを観察するためのエキストラだとしたら…。

 この映画は、「ある一人の人間の一生を観察する」というあるテレビ番組が舞台になっている。ジムキャリーが演じる主人公は、その「ある一人の人間」に生まれた時からなっていた。それから約30年間もの間、彼はある巨大なセットの中で生活をし、それを取り囲む“外の世界”から観察され続けるのである。
 家族に友人、そして恋人までもがすべて役者。すれ違う人やお店の店員…。誰もが主人公をシナリオ通りに進ませるための役者なのである。
 そんな中あることをきっかけに主人公は少しずつ真実を知っていく。そして…というお話です。
 
 
 まあこんないい加減なあらすじよりも、とにかく観ていただきたい。
この映画を最近思い出して、ふと自分の周りと重ねて考えてみたりしました。例えばこのブログも、たぶん全然僕のことを知らない人が見たら、きっと「なんやこいつキモイな」になるでしょう。
 しかし逆に知ってる人が見たら、優しいことに読んでみたりしてくれると思います。ちょっと意味わからんけど、とにかく自分と関わっている人間が少しでもいるということ…。そしてその関わってくれている人にも、同じように何人かの関わっている人がいるんですね。
 で?って感じですけど、なんかそれがすごいなーって思うんです。

 今日紹介したトゥルーマンショーみたいに、もし自分が自分以外の人間から観察されていたら、一体何人のキャストがいて、何人の人間と何回語って、誰に、どこで、どんな風に影響とか受けて、自分の人生が変わっていくんやろうとか考えると、なんかすごいとか思いました。
 
 最近、自分の人生が本当にこれでいいのかとふと考えたりします。なんかどっかにシナリオがあって、そのとおりに進んでいるかもしれません。そんなん腐ってますね。
 自分の人生は、自分の判断と力量とその周りの人々によって日々作られているのだと思います。うまくいかんことも、どうしょうもないことも、めちゃくちゃ嬉しいことも何もかも含めて。だから明日からも、なにげない人との出会いとかを大切にしたいなと思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://modsgn.blog16.fc2.com/tb.php/14-fa94cc19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。